2015年08月12日

ロングアイランドの授乳室情報(随時追記予定)

誰得?な、授乳室情報。
日本だと、授乳室というと、おむつ替え台や椅子の他に、電子レンジ、給湯器なんかがあったりしますが、
アメリカの授乳室ではまだそういうのは見たことがないですね。
そもそも手作りの離乳食をあげる人があんまりいないらしい?
私も外出時は市販のものがいいかな〜と思っています。幼児食になったら持ち歩くかも。
お湯は言えばもらえるのかな?私は母乳なのでよくわかりません。

ちなみにニューヨーク州では州の法律で、公共の場で(ケープなしで)授乳しても良いことになっているらしいです。
車社会なので、基本的に車の中でするか、目立たないところでケープつけてやってますが…

家の近辺を中心に…

buybuybaby (Walt Whitman mall) / Huntington Station
入り口左側に、椅子x2、おむつ替え台のみ。
普通のトイレにもおむつ替え台もちろんあります。

IKEA / Hicksville
1Fと2Fに、多目的トイレに、椅子(もちろんIKEAの)とおむつ替え台があり。

Tanger Outlets Deer Park
アメリカとカナダ東部を中心に展開するアウトレットモール。
家から30分くらいで行けて、けっこう安いし楽しかった。
ここのトイレは、授乳質はないけど、扉のない小部屋?のようなスペースに、
ロッキングチェアが置いてあり、台(おむつ替え台という雰囲気ではない)や水道があります。
この台でおむつを換えて、ロッキングチェアで授乳はできそう。
男性用トイレの中には普通のおむつ交換台があったそうです。
2カ所くらいのトイレで同様だったので、ここのトイレは全部そうなってるのかな?
posted by しょうこりん at 14:34| Comment(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。