2012年05月15日

ごぶさた Paradise Kiss(映画)を見た。見たかった結末

しょうこりんです。
ブログがあることを昨日思い出したので、書いてみます。

いまさらながらParadise Kissの映画を見ました。
連載の頃も(今も)Zipper読者ではなかったけれど、
中高生の頃コミックが出て、読んでとても感動したコミック。
大人になったので、大人買いしようかずっと悩んでいます。

さて、実写版。
キャスティングがどーなん、という意見をよく見ましたけど、同意。
やっぱりジョージ役で向井理はちょっとイメージ違うし、
北川景子はかわいいしモデルだけど、背が小さくてミューズか?という感じ。
大政絢の実和子は、最初、背、高くないか?と思ったけど演技がとてもよかった。かわいかった。

コミックの内容を知っている人からすると、前半〜中盤はちょっとうすっぺらいかなと思ったけど、
この映画はたぶんラストを描きたかったんだろうから仕方ない。
ラストは、コミックとは違っていて、これは、私が、見たかったラストだと思った。
コミックでは、やっぱり現実は厳しいなと思うラストだったけど(もちろんあれはあれでとても素敵)、
映画はべたべたのハッピーエンドです。
でも、これは私が見たかったラスト。
これを見れただけで、とてもいい気持ちになりました。
衣装は言わずもがなどれも素敵でした。
posted by しょうこりん at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。